光摂殿天井絵
  昭和三十四年本堂落慶時、檀家の池田伯に懇望。七十才余の画伯は快諾し、格天井の方円に異なる意匠の四季の花を配し、極楽浄土の世界を見事に具現した。